和食を知ってさらに料理が上手くなる!今日から使える基礎

ひたしものの調理法というと三者三様でしょうが、ベーシックな料理の仕方についてもチェックしてみましょう。味醂の他にしょう油、更に出汁を合わせた材料と和えていただくのが元来の調理法と言えますが、ただ醤油につけるのみの簡素なおひたしも馴染みがあります。煮魚ではお魚の霜降と言う下処理が重要なのですが、何故かと言えばホウレン草等、ひたしものを作る際に素材に合わせる調味料の事は浸し地といいます。人次第で入る素材や配分に差も出るものですし、自分好みな味を探した方が良いでしょう。材料ですが、ボイルした後入念に水を除く様に心がけます。ハイクラスな食事だけでなく家庭の味に至るまで、多くの美味しい和風料理は必ずと言っていいほど肝になる出し汁が用いられています。大変忙しい社会人は得てしてファストフードなどを摂ってしまいがちなものですが、折りに付け丹念に手が掛かった御飯に舌鼓を打ちたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です